歯を白くする方法(審美治療)と「歯へのダメージ」を徹底解説!
笑顔
この記事を書いている人:あとすい(40歳・男性)

子供の友達に「歯が黄色いね~」と言われ子供ともどもショック。挽回を図りホワイトニングの勉強と実体験に挑戦中!

▶▶ 詳細プロフィール

歯を白くする方法(審美治療)と「歯へのダメージ」を徹底解説!

甘いものを食べている女性

歯が受ける強さは様々!審美治療によって違うダメージ比較

審美治療によって歯を白くする方法はいくつかあります。ただ強い威力を持つものに対しては、それなりの代償が付きまとうのが当然。

それは、痛みだったり、お金だったり、時間だったり。正しく認識して自分にあった適切な方法を選ぶことが何より重要ですね。

歯へのダメージ比較図

歯へのダメージ表

簡単な比較表がこちら。

審美治療 内容・方法
クリーニング(PMTC) 歯科医院で専門的なクリーニング装置で「歯の表面の汚れ」を落とす方法。
ホワイトコート(歯のマニキュア)  専用の歯のマニキュアを表面に塗る方法。半日~1日持続。液の種類によっては1ヶ月~3ヶ月持続可能。
ホワイトニング(漂白・ブリーチング) 過酸化尿素・水素を使い歯を漂白(脱色)していく方法。歯科医院でする「オフィスホワイトニング」と自宅する「ホームホワイトニング」がある
ダイレクトレジンボンディング ハイブリッドセラミックス(セラミック粒子を含む樹脂)を表面に塗り固める方法。元来、詰め物・隙間の治療用。
ラミネートベニア  歯表面を0.5mm程度削り、セラミック素材等で付け爪に似たものを貼り付ける方法。歯の色+歯の形も美しく整えることが可能。
セラミッククラウン  歯の表面全体を削って、セラミックの歯をすっぽりとかぶせる方法。オールセラミック治療は裏側まで全部覆うため、びっくりするほど綺麗に仕上がる。

歯へのダメージ表

審美治療における注意点と補足

審美治療の内容をもう少し深く掘り下げてみましょう。

歯磨きする女性

クリーニング(PMTC)と注意点

「本来の自分の歯の白さに戻す」事がコンセプトです。ここで使う「研磨剤」さえ間違わなければ、歯に悪い影響はありません。

注意点としては、「研磨剤が強い・粗い・硬いなどの場合は歯のエナメル質を削る」ことになってしまいます。

「タバコのヤニを落とす研磨剤入りのパウダー歯磨き粉」も市販でありますので、使っている方は、ご自身の歯の表面であるエナメル質を削っている!ということを認識したほうがいいですね。

なので、あまりおススメはしません。ただ、目の粗いもので歯を削れば当然のことながら、汚れは落ちます。

落ちますが、「エナメル質を削る+歯の表面に細かい無数の傷がつく」訳ですからと、汚れを落としつつ「色の濃い食べ物・タバコのヤニ」が付きやすい状況も作っていることになります。つまり、ご想像の通り色素沈着、色戻りの原因となるわけですね。

このメカニズムをしっかり理解しておきましょうね。

歯磨き粉

ホワイトコート(歯のマニキュア)

歯へのダメージは、ほとんどありません。爪にマニキュアを塗る際に「爪に影響がない」というのと同一です。ただし低価格のものは避けた方がよいと思います。

マニキュアが爪にダメージを与えるのは「不純物が多いから」なので、爪でも歯でも同じように、ある程度「純度の高いもの」を使うようにしましょう。

といっても口に含まれるものですから、国の承認が厳しいのであまり神経質になる必要もないと考えています。

歯のカラー表

ホワイトニング(漂白・ブリーチング)

歯へのダメージは基本ありません。ホワイトニングに好意的でない歯医者も当然ありますので、下記のように歪んだ意見も時々見かけます。

ホワイトニングは「歯の表面」を酸性のもので溶かして「光の乱反射」を起こして白く見せているだけだ!

光の乱反射をしているのは間違いではありませんが、その部分だけを取り上げて「偽物」と決めるのはちょっと曲解な気がしますね。ホワイトニングは「歯の漂白」という位置づけなので、色素を分解する意味もあります。

なので、両方の良い面を取り上げる必要があるように思います。

液体

ダイレクトレジンボンディング・ラミネートベニア

レジン素材を使うか、ラミネート(セラミック・プラスチック)素材を使うかの違いが一番大きい部分ですね。本質は「貼る・塗り固める」と同じことになります。

ホワイトニングに比べ「歯を削るケース」に限ってはダメージが多いのは否めませんね。

セラミッククラウン

ぱっと見て「異様な白さ」を出しているので、素人目にもすぐわかると思います。誰もが知っている元プロ野球の歯の白さは際立ったいました。

blog_pic_2016-08-26_03

彼に限らず芸能人は特にこの「不透明な白さの歯」が多いですね。差し歯ですから仕方ありませんが、テレビの解像度がどんどん上がってきているこのご時世では、さらに目立っているように感じます。

また、歯茎が黒く見える場合もありますね。最高級のオールセラミックですべての歯を整えると、数百万近くかかるので、人によってはセラミックを使わず「金属」を使います。

そうすると、歯茎が時間とともに後退し金属部分が見えたり、金属が溶けだし歯を黒くしたりするという現象を起こします。

歯が白い女性

歯を白く改善させる手段について

歯のダメージは分かったけど、どれを使うといいの?そんな疑問もわいてくると思います。が、今のところ「ホームホワイトニング」が頭1つも2つも抜けてやりやすい状態だと思います。

前編の「歯の変色を手軽に白く改善させる3つの方法」で紹介したのは以下3つでした。

  1. 市販の歯のマニキュアを塗る
  2. 被せものをする(ラミネートベニア)
  3. 漂白する(ホワイトニング)

ホワイトニングは「費用が安い」ことと、「家で自分の時間を使ってできる」ことが大きなメリットなので、圧倒的におススメしています。

特に歯を削ったりするというのは、ある程度の決断も必要な上、お金の金額がぐんとあがり、一般の方の収入を圧迫するのは言うまでもありません。

歯へのダメージ表

ホワイトニングをやりたい人がみんな金銭的に余裕があるという訳はありませんからね。僕のように、まずは1週間。よかったら続けてみようかな?

と手軽に考えている人だったら、「ダメージがないホームホワイトニングが最適解」なので、今のところ他に選択肢はありませんね。

次は「ホワイトニングと歯肉炎・と過酸化尿素(カルバミド)」の関係についてです。

ホワイトニングは危険?歯肉炎と過酸化尿素(カルバミド)の歴史

シェアありがとうございます